tsurezure naru mama-ni...
思ったこと・考えたこと、お気に入り、コスメ、ファッション、映画、などなど雑記

バレンタインのパウンドケーキと、型がないときの代用品

少し前になりますが、今年のバレンタインはチョコバナナのパウンドケーキをつくりました。

お菓子をつくるのは嫌いじゃないんだけど、かなり久々につくった!

パウンドケーキは簡単だし材料もシンプルなので、初心者にはありがたい!

レシピはwebから拝借しつつ、自分でアレンジしてつくりました。

チョコバナナパウンドケーキ

f:id:everydaymoromoro:20190221005515j:image

 

■材料■

  • バター(食塩不使用) 100g
  • グラニュー糖 80g
  • 薄力粉 60g
  • ベーキングパウダー 2g
  • ココアパウダー 10g
  • 全卵100g(Mサイズ約2個分)
  • バナナ 1本

参考にしたのは、お菓子やパンの材料の専門店、cuocaのレシピです。

参考レシピ▶

基本の濃い抹茶パウンドケーキ | レシピ | お菓子作り・パン作りの材料と道具の専門店 | cuocaクオカ

アレンジ①

参考レシピでは抹茶パウンドだったので、単純に抹茶パウダーだったところをココアにしてみました。

アレンジ②

チョコバナナ味が大好きなので、最後に飾り付けにバナナの輪切りを並べました。

 

つくりかたについてもcuocaのサイトを見ながらつくりました。

さすが製菓・製パンの専門店、写真付きでめちゃくちゃわかりやすいです!

初めてつくる方にはめちゃくちゃおすすめです。

 

www.cuoca.com

仕上がり

f:id:everydaymoromoro:20190221005540j:image

 

ちょっと失敗しました!!

ちょっと焼きすぎ&ふくらみがあまりよくない~という感じ。

味はまったくもって問題なかったけど、焼すぎた感があったので上部あたりが心なしか少し香ばしい…。

でも、プレゼントしたら喜んでくれたのでよかったです!

 

そもそもパウンドケーキの「パウンド」って?

パウンド=質量の単位(約0.45kg)です。

欧米ではメジャーな重さの単位で、体重なんかもlb(ポンド/パウンド)で表します。

で、パウンドケーキっていうのは、

小麦粉、バター、砂糖、卵、をそれぞれ1lbずつ使うから、パウンドケーキっていうみたいです。

現代のレシピを見ても、4種の材料の重さは大体同じくらい!

wikiによると、フランスではカトル・カール(Quatre-Quarts)「四分の四」の意味のケーキもあるようです。

これも小麦粉、バター、砂糖、卵の4つの材料を同量ずつ使うことに由来するらしい(4=1×4)。

 

材料もシンプルなのに加えて、作り方も基本的には混ぜて焼くだけ

ボウル1つでできるケーキなので、初心者はもちろん、キッチンの狭い一人暮らしでも手軽に作れておすすめです。

 

  

 

型がないときの裏技

お菓子作りでいつもネックになるのが型。

クッキー型やケーキ型など、ないとつくれないし、でもたまにしかつくらないから買うのも…っていうものです。

パウンドケーキだと、100均に紙でできた型がだいたい売っているので便利です。

今回も100均で調達してきた紙の型です。

食べるときに剥がしやすいのでいいですよ~。

そのまま手土産にしても、型は捨てられるので便利です。

 

でも、生地ができたー!っていうときに「型を切らしているぞ…?」という絶望的なときも、代用品があります。

それが牛乳パック!

牛乳パックの側面を開いてガムテなどで固定して(強引)、パウンド型のようなかたちをつくります。

(そのままの大きさだと長すぎるので、わたしはだいたい少し短くなるよう加工します)

これを型として代用することができます!

 

  • 硬くて丈夫な紙
  • パックを一度開いているので、型から出しやすい
  • だいたい家にある

 

というところで、万が一型がないときでも代用品におすすめです!